読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え〜ちゃんのつぶやき

気になるトレンドを先取りした商品紹介やおもろネタ。思いつくままにゆる〜りと紹介していきます。

子供が蹴ったボールで交通事故、親の賠償責任認めず

小学校の校庭から蹴りだされたサッカーボールで交通事故になった事故で、当時小学生の両親に賠償責任があるのかを問う裁判があったそうです。

 

今日(9日)最高裁裁判長は「日常的な行為のなかでおきた予測できない事故については賠償責任はない」との判断を示したそうです。

 

2004年の事故で、当時、事故にあった当時バイクに乗っていた80代男性がサッカーボールを避けようとして転倒し骨折。その後1年半後には肺炎でなくなったそうですが、遺族が、当時サッカーボールを蹴った小学生の両親に賠償責任を求めており、二審判決では両親に1100万円の賠償を命じていたため、両親が上告していたようです。

 

 遺族の方々にはつらい事故と思います。また日常的な行動で事故を起こした小学生のことを思うとこちらもつらいですね。

双方に置かれている立場を思うと、この最高裁裁判長のこの判断も苦渋の判断だったのではないかと思います。