読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え〜ちゃんのつぶやき

気になるトレンドを先取りした商品紹介やおもろネタ。思いつくままにゆる〜りと紹介していきます。

iPhone6でAndroid wearの通知機能が動いた!

前にアップしましたが、Android wearなるAndroidの時計を持っています。

 

持っているのは、LG製のG Watch R

f:id:kechan2015:20150411161009j:plain

僕的には、Apple Watchよりも時計らしさに惹かれ愛用しています。

前の記事も書いたのですが、持っているスマホがiPhone6なので、連携することなく、今日まで、時計画面を着せ替え出来るただの時計として使っていました。

 

Android wearの時計(以後Android wear時計といいます)を正規に使うためには、Android4.4以降のスマホタブレットで一度連携することが必要なのですが、僕が持っているAndorid端末はAndroid4.2で打ち切りが決定しているスマホタブレットだったので、友達が持っていたスマホ(Andoroid4.4)を借りて初回連携だけ済ませ、ただの時計として使っていました。

 

そんな中、前から気になっていたのですが、AndoroidをiPhoneで使えるアプリの紹介がありましたので、試してみました。

 

tools4hack.santalab.me

 

■必要なのもの

Android wear時計(僕の場合はG Watch R)

・Andoroid4.4以上のスマホ(もしくはタブレット

・iPhone6(または連携したいiPhoneiPad等)

・アプリ

 1.Android wear(android側)

 2.Android wear for iosandroid側)

 3.BLE Utility(iPhone側)

 ※アプリはGoogle Playapple storeから無料ダウンロード出来ますし、上記サイトからもダウンロードできます。

 

■作業

Step1.Android wear時計とAndroid端末を連携させる(1.Android wearを使用)

Step2.Android端末に(2.Android wear for ios)をインストール

Step3.iPhone端末に(3.BLE Utilty)をインストール。iPhone端末のBluetoothをONにしておくこと。

Step4.iPhone端末で(3.BLE Utilty)を起動し、画面下のタブで「Peripheral」をタップしておく(それ以外の操作は不要)

Step5.Android wear時計のメニューで、「開始」を選び「wear_for_ios」を選ぶ

    ここで、Android wear時計のバージョンが古いと予期せぬエラーで先に進めません(T_T)。Android wear端末をバージョンアップしてください。

Step6.Android wear時計とiPhone端末が連携を始める。

Step7.Android wear時計にパスコードが表示されるので、iPhone端末に入力する。

Step8.Android wear時計にSuccessと表示されれば完成

 

うまくいくと、iPhoneにメールが届くと、Android wearがバイブと通知画面が連動しメールを通知してくれます。

 

f:id:kechan2015:20150519225210j:plain

 

おぉ~っ!

ただの時計だったのに、連携できることで使い勝手が数倍向上した気になります。

 

今回は、今記事を作るために、帰宅後、再度連携作業を行いましたが、実は今日の昼には連携に成功し、日中にメール・LINE・電話着信が連携できることを確認しました。

 

せっかくのウェアブル端末なので、連携出来ることがとてもうれしい(^^)/

 

6月に予定されているGoogle I/Oイベントで、Android wearとIOSの正式連携に関する期待が高まっています。

今回は、iPhoneの通知機能の連携に特化した方法の紹介でしたが、ウェアラブルとして期待が高い、地図・ナビ連携や、体調管理の連携など、両社(google社とApple社)の歩み寄りを是非とも実現していただきたいものです。