読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え〜ちゃんのつぶやき

気になるトレンドを先取りした商品紹介やおもろネタ。思いつくままにゆる〜りと紹介していきます。

本格料理「手作りカレー」を作る、極める(後編)

 

前回のカレーの記事の後編です。

 
でわ、作っていきます(^^)
 
いきなり一気に下ごしらえです。
 
薄く切った玉ねぎをレンジ600Wで10分間温めます。
牛肉と鶏肉は塩胡椒を適量かけておきます。
りんごは角切りに、ニンジンは乱切りに、マッシュルームは石づきを取ります。
f:id:kechan2015:20160309063919j:image
 
鍋に火をかけ80gのバターを投入し、レンジで温めた玉ねぎを強火〜中火で、焦げないように混ぜながら飴色になるまで炒めます。
f:id:kechan2015:20160309064233j:image
 
小麦粉大さじ4を混ぜ合わせます。
f:id:kechan2015:20160309064254j:image
 
馴染んだら、今度はカレー粉大さじ4を混ぜ合わせます。これでルーの完成です。
f:id:kechan2015:20160309064502j:image
 
ミキサーに、マンゴーと牛乳、野菜ジュース、写真では付け忘れましたがりんごを投入し、ミキサーにかけます。
野菜ジュースは入りきらないので、入るだけで良いそうです。
f:id:kechan2015:20160309064623j:image
 
次に、お肉を炒めます。フライパンでお肉の表面に焼き色がつくまで炒めます。
f:id:kechan2015:20160309064912j:image
 
ほどよく炒めたら、赤ワインを投入します。
落とし蓋をし、中火で、10分程度煮込みます。
[写真なし]
 
カレールーの鍋に煮込んだ肉の赤ワインを少しずつ入れていきます。ルーがダマが出来ないよう、混ぜながら入れていきます。
f:id:kechan2015:20160309065328j:image
 
煮込んだお肉と、赤ワインを全てカレールーの中に入れてしまいます。
しっかりと混ぜ合わせた後、ミキサーにかけたマンゴー等を投入します。余った野菜ジュースもここで一緒に投入します。そしてさらによく混ぜ合わせます。
f:id:kechan2015:20160309065424j:image
 
にんじんとマッシュルームを投入します。
f:id:kechan2015:20160309065702j:image
 
ブイヨンとフォンドボーを投入します。
f:id:kechan2015:20160309070017j:image
 
最後に、ガラムマサラ、カレー粉、唐辛子の粉を投入します。
f:id:kechan2015:20160309070559j:image
唐辛子の粉は、
無し … 甘口
大さじ1 … ピリ辛
大さじ2 … 辛口
大さじ3 … 激辛
と、説明があったのですが、僕の中では大さじ1でも結構辛かったです。
 
最後に弱火で1時間程度煮込みます。
焦げないように、5分に1回はかき混ぜます。
 
出来上がりです。
f:id:kechan2015:20160309070912j:image
 
作りたてでも食べられますが、一晩寝かせるとさらに美味しくなるそうです。
 
で、翌日。
f:id:kechan2015:20160309071220j:image
 
見た目は、いたって普通のカレーです。
マンゴーや野菜ジュースが果たしてどのような効果を見出すのか…(^^)
 
でわ、食べてみます。
 
 
辛っ!!
 
 
……まぁ、美味しい♡
 
途中でも書きましたが、唐辛子の量を誤ってしまったため、僕にとっては辛めのカレーができてしまいました(^_^;)
 
でも、辛さを通り越した先にあるカレーの味は驚きの美味しさです。
 
喫茶店ではなく、インドカレー専門店でもなく、ちょっとおしゃれな喫茶店が出す手作りカレーのような感覚です。
 
言い過ぎかもしれませんが、僕、これでカレー屋さんを出店できる気がしました。ってくらいの美味しさです(^^)
 
このブログ通りに作ると、分量とかを記載していないので、あくまで参考としていただくのが良いかと思います。
 
僕が参考にしたレシピのリンクを貼っておきますので、試してみたくなった方はこちらを参照ください。