読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

え〜ちゃんのつぶやき

気になるトレンドを先取りした商品紹介やおもろネタ。思いつくままにゆる〜りと紹介していきます。

「ポテチグラタン」リベンジで、プリングルスの秘密(製法)を知る

先日紹介した簡単料理「ポテチグラタン」ですが、紹介元のYoutuber絶賛の割にはいまいちな味だったので、リベンジを敢行することにしました(^^)

 

先日作った「ポテチグラタン」は味が薄かったので、おそらく準備したポテチがLight味だったことが原因と思われ、今回は、ポテチ界の中でも濃い味に分類される「プリングルス」を準備してみました。(しかも更に濃いサワークリーム&オニオン味を選択)

f:id:kechan2015:20150517104500j:plain

 

ポテチ⇔プリングルス以外は、味を比較するために、同じ材料としました。

早速、プリングルスを投入し、程よくウインナーと牛乳をいれ、チーズで埋め尽くしました。

f:id:kechan2015:20150517104646j:plain

でもって、オーブンで焼く!

f:id:kechan2015:20150517104718j:plain

見た目は前回と変わりありません(^^;)

 

早速、実食!

 

おっ、味が濃くなって美味しくなったゾ。

いける!

 

あれ、前のと比べ何か違和感が。。。

あ、ポテチがトロトロに解けてチーズみたいになっている~!!

 

ネットでプリングルスについて調べてみたところ、驚きの製法がわかりました。


How its made pringles - YouTube

前半は、入れ物(筒)の紹介で、後半からプリングルスの作り方になっています。

 

なるほど~。前回のポテチは、牛乳の水分補給により、薄切りポテトとして食感があったのですが、プリングルスってポテトを揚げているのではなくて、ポテトを混ぜ砕いたものに調味料を混ぜ合わせた粉からシートを生成して最後にポテトの形にしていたんですね!初めて知った!

なので、1枚1枚が整った形で筒に入っているのか~。

 

プリングルス製法の理解を深め、残りの「ポテチグラタン」食べていたのですが、溶けたプリングルスがチーズの感覚になり、チーズインチーズ・ウインナーを食べている気分になってしまい。最後には気持ち悪くなってしまいました(T_T)

 

よって、ポテチグラタンにはプリングルスは向きません。

味の濃いポテトを揚げたポテチを使うと、いいのかもしれませんね。